『家庭教師 教材』
最新ツイート

@ownricefield

facebookページのご案内です。 https://t.co/bOnfuJfM2X 「言語教育・持田哲郎(家庭教師・授業・講演・教材執筆)」

3時間前 - 2017年04月23日


@ownricefield

持田の提供する「価値あることばの学び」の情報はこちらから。 https://t.co/bOnfuJfM2X 「言語教育・持田哲郎(家庭教師・授業・講演・教材執筆)」

4時間前 - 2017年04月23日


@akatsuki_EDU

基本的に、家庭教師は”自学でも使える参考書”を教材として採択するべきです。 教えられなければ出来ないようなテキストを採択するのは、塾のように”聞きに行ったら教えてくれる人がいる”環境でなければ不親切すぎます。 つまり、塾では良いですが、家庭教師としては不適切です。

5時間前 - 2017年04月23日


家庭教師をするなら生徒の教材はコレだけで良いのです

家庭教師というものは、個人で行うタイプと、派遣会社に登録するタイプとがあります。
個人で行う場合は、時給や勉強法を生徒側と話し合いながら自由に決めることが出来ます。
しかし、派遣会社を介してしまうと、高額な教材を生徒側が購入することが必要である場合が多いです。
国語・算数・社会・理科・英語の5教科のたった数冊の冊子が、何十万円で売られていることがありますが、それだと生徒側に経済的負担が大きく、生徒の親にも不信感を与えてしまいます。
生徒は、教材が増えてしまうとげんなりしてしまい、やる気が衰えてしまいます。
家庭教師は、生徒が学校からもらう教科書やドリル、宿題のプリント等を利用して勉強を教えれば良いのです。
わざわざ買い足さなくても、ある物で済ませることは生徒側にも好印象を与えます。
生徒は、学校から課せられる宿題と予復習で精一杯なのです。
中には、それすらやりきることの出来ない生徒もいることでしょう。
家庭教師は、それらの最低限のことを済ませる補助をすれば良いのです。

教材準備が生徒を変える家庭教師のアルバイト

家庭教師のアルバイトは大学生の間では高時給であることから人気が高い傾向があります。
ところが、実際に仕事を行ってみると指導を行っている時間外にも仕事をしなければならないことが多く、特別に破格といえるほどには時給の高いアルバイトではありません。
しかし、その時間外に行う指導の準備は自分にとっても勉強になる有意義な時間となることが多く、特に教職を目指している人にとっては教育のために必要な様々な発想を育むのに好適な時間とすることができます。
特に家庭教師を行う際に苦労することが多いのが教材の準備であり、生徒の個性に合わせてわかりやすい教材を毎回準備することが重要です。
教材に創意工夫をすることによっていかにして生徒の意欲をかき立てるかという駆け引きを行うことが習慣化すると、生徒も教師もお互いに授業を楽しめるようになります。
そうすることで生徒の興味関心も高まり、家庭教師の仕事としての成果も上がっていきます。

注目サイト

エステサロンを上野で探す
http://juwell.net/

最終更新日:2015/7/1


Copyright (C) 2015 「なるほど家庭教師」All rights reserved.